女医

腰部脊柱管狭窄症の治療をして毎日を健康的に過ごそう

心身が乱れる病気

ウーマン

自律神経失調症になると、だるさやめまい、不眠や便秘など様々な症状が現れます。この様な症状は誰でも体験したことがあるはずですが、継続的に起こっていると自律神経失調症かもしれないと疑った方が良いです。身自律神経失調症になると身体的な症状だけでなく、精神的な症状も現れると言われています。イライラや落ち込み、憂鬱などです。うつ病と勘違いしてしまう方もいるので、医療機関で診察を受けることが大切です。

自律神経は器官をコントロールする働きがあります。その自律神経のバランスが乱れてしまうことで全身の調子がおかしくなってしまうのです。神経科や心療内科へ行くことで発見することができます。もしも、内科や整形外科などへ行ってみて結果がわからなかったという場合は、神経科や心療内科へ行き検査を受けてみると良いでしょう。

自律神経失調症を起こす原因は複数あります。生活リズムの乱れやストレス、環境の変化や女性ホルモンの変化などです。夜更かしをしたり、夜間勤務をしたりしている方は生活習慣が乱れています。心身に影響を及ぼしやすいため、今すぐ生活リズムを改善した方が良いと言えるでしょう。
現代人は環境の変化に適応できないと言う方が多く、人間関係や仕事など様々なことに対してストレスを溜めやすいです。うまく処理できる方は大丈夫ですが、どんどん内側に溜め込んでしまう方もいるでしょう。そうした方は過度なストレスが溜まりますし、女性ホルモンが乱れます。自分は大丈夫と思っていたとしても、実は大きな負担を抱えているかもしれませんので、もう一度自分自身を見つめなおしましょう。