女医

腰部脊柱管狭窄症の治療をして毎日を健康的に過ごそう

体にとって大切な部分

男性

人間か毎日活発に動くことができるのは、甲状腺のおかげです。甲状腺ホルモンが欠ええきに分泌されることで体が発育しますし、新陳代謝を活発にすることができるのです。また、1日に必要なエネルギーも作ってくれます。そういったことを考えると快適な生活ができるのは、甲状腺ホルモンのおかげということが分かるでしょう。
甲状腺はのど仏の下にあります。羽を広げた蝶の形をしており縦約4cm、厚さ約1cm、重さ約15となっています。柔らかいため外側から触っても存在が分からないですが、かぜやなんらかの病気になったときは、外から見ると腫れていることが分かります。

そんな甲状腺ですが、病気に侵されてしまう可能性があります。バセドウ病や橋本病が代表的な病気でしょう。甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症と大きく分けて2つの症状があります。亢進症はホルモンの分泌が多いときに起こり、低下症は逆に少ないときに起こる症状です。
亢進症になると疲れやすくなったり、汗の量が増えたりします。また、手足の震えや口渇などの症状が現れます。低下症は汗が少ない、全身がむくむ、声が枯れるなどの症状が見られると言われています。この他にもまだ沢山の症状があるので、心配な方はチェックしてみた方が良いです。もし、複数の項目が当てはまる場合は専門機関へ診察に行くようにしましょう。早めに病気を見つけることができるとスムーズに治療を進めることができます。場合によっては甲状腺に腫瘍ができることもあるので要注意です。