病院

腰部脊柱管狭窄症の治療をして毎日を健康的に過ごそう

最新の治療法

ドクター

がんは様々な方法で治療することができますが、近年はサイバーナイフと言う治療法が話題を集めています。この治療法はがんのみを切除することができるため、患者の負担を減らせます。

もっと詳しく

心身が乱れる病気

ウーマン

自律神経が乱れると自律神経失調症になってしまいます。心身に様々な症状が現れると言われています。生活習慣を改善してストレスを溜めないことが重要です。また、医療機関で検査を受けることも大切です。

もっと詳しく

体にとって大切な部分

男性

甲状腺は甲状腺ホルモンを生成して、血液に分泌する役割をしています。新陳代謝をアップさせたり、必要なエネルギーをつくってくれたりする大事な働きをしているのです。どういった疾患があるのか知っておきましょう。

もっと詳しく

歩行困難になる前に治す

女性

腰部脊柱管狭窄症を患うと腰や足がしびれるようになります。そのため、歩きづらさを感じる方も多いです。腰椎が圧迫されるとしびれや痛みが増すので、徐々に歩けなくなってしまうこともあります。仕事だけでなく、プライベートにも支障をきたしてしまうことがあるので、早急に治療を受けるようにした方が良いでしょう。

原因は先天性と後天性の2つです。先天性の場合は生まれつき脊柱管が狭まっていることが関係しています。一方後天性の方は、椎間板ヘルニアや肥厚、すべり症など様々な疾患が関係しています。ちなみに腰部脊柱管狭窄症は、50~80歳の高齢の方が発症することが多いため、加齢に伴う軟骨の変形が根本的な原因ではないのかと言われています。
腰を痛めるスポーツや動作を続けてしまうと、悪化するので楽な姿勢で過ごすようにした方が良いでしょう。また、同じ姿勢も悪化の原因となってしまうため、体制を変えることも大切です。

そんな腰部脊柱管狭窄症ですが、薬物療法や理学療法、装具療法や神経ブロックなどの保存治療を行なうことで治癒すると言われています。もしも、これらの方法を半年続けて完治しなければ、手術をする場合もあります。悪化する前に治療を受けることが重要なのです。
全国の医療機関には腰部脊柱管狭窄症を専門としている医師がいるので、診察をしてもらうと良いでしょう。専門的な視点から患者へ丁寧に説明してくれます。治療の腕も良いのでスムーズに治すことができます。